こんな引越し業者は要注意!!

MENU

頼んではいけない引越し業者の特徴

引越し業者は慎重に選びましょう!

 

引越しは、見ず知らずの人間を家の中に入れることになります。
悪質な業者に住所や部屋の間取りなどの、
個人情報を知られてしまうのは怖いですよね。

 

悪質業者を事前に見分けるために、
こんな引越し業者は要注意!!というポイントをまとめました。

 

 

× 電話担当者が誠意のある対応をしない。

 

電話担当の人柄、印象は重要です。
各引越し業者の『顔』となる社員ですから、
まともな業者であれば、しっかりと教育を行っています。

 

また、日程の調整や引越し当日までの段取り、
トラブル発生時などの際は、通常この担当者が間に入ることになります。
万が一の時でも信頼できそうな担当者のいる業者を選びましょう。

 

 

× 契約内容をはっきりと説明しない(答えない)。

 

見積もり金額だけを提示して、
作業内容や時間、保険など、そのほかの詳細を説明しないことがあります。
安いと思って契約をしたけど、当日追加料金を請求されたり、
作業が配送のみだけだったりと想定外のことが起こります。

 

説明が不十分だと感じたら、
当日の作業内容や人数、金額などを必ず聞いておきましょう。
「当日にならないとわかりかねます。」などと、
こちらの質問に対して、まともな受け答えをしない業者は危険です。

 

 

× 標準引越運送約款を提示していない。

 

気になった引越し業者の公式HPを検索して、
“標準引越運送約款”の項目があるか確認します。

 

標準引越運送約款は、
許可を受けた業者以外は提示することができません。
これがない場合は、引越し業者として国から認可されていない業者になります。

 

 

× 手付金を請求される。

 

悪質な業者の場合、
「特別に安くする代わりに、〇〇%の前金が必要です。」と、
料金の先払いを持ち掛けてくるケースがあります。

 

引越しの支払いのタイミングは各社で異なりますが、基本は後払いです。
前金を求められた場合は理由を聞いてみましょう。
明確な理由もなしに、契約金や手付金を請求してくるのであれば、
悪質業者の可能性が大きいです。

 

 

× 会社が存在しない。

 

聞いたこともないような引越し業者を、
googleマップなどで住所検索すると、
ボロボロの倉庫だったり、
会社の所在が分からないことがあります。(アパートの一室など)

 

このような、まともに会社としての体をなしていない業者は、
契約だけをとって、ピンハネして下請け業者に流します。
会社としての力が弱いので、トラブルの際には責任も負ってくれません。

 

 

とにかく少しでも怪しいと感じたら、
どんなに安くても契約しないことです。

 

⇒引越しトラブル口コミまとめのページに進む

No.1 引越しの達人

No.2 引越し価格ガイド

No.3 引越しHomes

引越しの達人

冷蔵庫を運ぶのが安い引っ越し業者を優先的に選ぶことができます。荷物が少ない引越社を選ぶならここで一括見積もりを取ってみることをおすすめします。引越し一括見積もりNo155%値引きになることもあります。冷蔵庫しか運ばないなら安くできて当然です!

価格ガイド、引越侍

単身向け引越しサービス、家族向け幅広く引っ越し業者が登録されています。引越し価格ガイドも安全に運んでくれる業者が集まっています。最大50%割引になることがあります。まずは登録してみることです。

ホームズ

料金が高い引越し業者を使っていませんか?雑なサービスをする業者を使いますか?雑に冷蔵庫を運ばれてはたまりません。ちゃんと運んでくれる業者の中から選びましょう。

冷蔵庫の引越し〜運搬費用いくらかかる?料金相場教えます!!TOPページに戻る