便利屋と引越し屋ではどちらが安い?

MENU

便利屋さんに頼むと安いって本当??

荷物の少ない引越しの場合、
「便利屋に頼むと安い」という話を耳にします。
作業内容が変わらずに安いのでしたら、
わざわざ引越し専門業者に頼む必要もありません。

 

 

便利屋が引越し業者と比べてどのくらい安いのか、
引越し業者とは何が違うのかをまとめてみました。

 

 

Qそもそも、便利屋って何なの?

 

便利屋とは、“軽貨物自動車運送業”のことで、
運送、引越し、運転代行、ハンドキャリー、ハウスクリーニングなど、
なんでも行う総合業者です。
代表的なものに、『 赤帽 』が挙げられます。

 

赤帽

 

引越し専門業者ではないですが、
その分、割安の料金設定で人気のあるサービスです。

 

赤帽に引越しを頼む場合、
軽トラック1台と作業員1名を、貸切り便として利用できます。
赤帽の基本料金は、以下の通りです。

 

<赤帽料金システム>

基本料金

11,900円〜 土日祝日は2割増

作業時間

2時間以内 30分超過毎に1620円追加

移動距離

20km圏内 1km超過毎に190円追加

作業人数

1名 作業員、車両追加は2倍料金

使用車両

軽トラック(350kg)1台 同上

 

 

<赤帽と引越し業者の比較表>
赤帽と、引越し業者A社を比較した場合です。

比較項目

赤帽

引越し業者

 料金システム

明確でわかりやすい(〇)

決まりがなく変動する(△)

 時間指定

融通が利きやすい(〇)

別途料金が必要(△)

 作業人数

基本1名、家具などは手伝う(△)

基本2名(〇)

 引越し技術

専門スタッフではない(△)

専門スタッフ(〇)

 養生資材

十分ではない(△)

専用資材を用意(〇)

 保険内容

金額、適用期間が短い(△)

標準引越運送約款を適用(〇)

 

赤帽の強みは、明確な料金システムと、
貸し切り便で融通が利きやすいことです。
積み切り料金なので、荷物量で金額が変わることがありません。
荷物内容が少なく、移動距離などをしっかりと把握していれば、
引越し業者よりも安く利用することが可能です。

 

私が赤帽を選ばなかった理由

今回、私が赤帽を利用しなかった理由は、

1. 移動距離が44kmと、遠距離であった。
2.土曜日の引越しを希望していた。
3.引越し業者の料金が安かった。

などが理由でした。

 

上記の料金システムで計算すると、
赤帽では、19,752円と意外にも高額だったため、
今回は赤帽を利用するメリットがありませんでした。

 

 

近距離の場合でも、引越し業者はさらに安くなるので、
冷蔵庫単体の引越しの場合は、
引越し業者を選んだ方がメリットが大きいと思います。

 

⇒キャッシュバックで引越し費用が0円に!?のページに進む

No.1 引越しの達人

No.2 引越し価格ガイド

No.3 引越しHomes

引越しの達人

冷蔵庫を運ぶのが安い引っ越し業者を優先的に選ぶことができます。荷物が少ない引越社を選ぶならここで一括見積もりを取ってみることをおすすめします。引越し一括見積もりNo155%値引きになることもあります。冷蔵庫しか運ばないなら安くできて当然です!

価格ガイド、引越侍

単身向け引越しサービス、家族向け幅広く引っ越し業者が登録されています。引越し価格ガイドも安全に運んでくれる業者が集まっています。最大50%割引になることがあります。まずは登録してみることです。

ホームズ

料金が高い引越し業者を使っていませんか?雑なサービスをする業者を使いますか?雑に冷蔵庫を運ばれてはたまりません。ちゃんと運んでくれる業者の中から選びましょう。

冷蔵庫の引越し〜運搬費用いくらかかる?料金相場教えます!!TOPページに戻る